エクオールサプリを飲めば更年期障害を抑えることができる!?

エクオールサプリには、エストロゲンと似た作用がありますので、更年期女性が服用すると症状を緩和、改善する効果があります。また、若いうちから摂取することで更年期障害を予防することも可能です。
MENU

エクオールサプリにはエストロゲンと似た作用があるってほんと?

更年期障害

私たちがふだん納豆や豆腐などの製品から摂取できる大豆イソフラボンには、ダイゼインやグリシテインなどといった物質が含まれています。このうち、ダイゼインだけが腸内で細菌によって代謝され、エクオールという物質に生まれ変わります。

 

エクオールは、女性ホルモン・エストロゲンと似た作用を与える物質で、イソフラボンよりも強い効果があるとさえ言われています。そのため、女性の多くが一度は経験すると言われる更年期障害の症状に効果があります。

 

>エクオールサプリをお得に買うならこちら<

 

更年期のつらい症状を緩和する

そもそも更年期障害は、女性ホルモン・エストロゲンが減少することで脳から発する指示系統に狂いが生じ、ほてりや発汗、イライラ、体調不良などの症状の総称。逆に言えば女性ホルモンが十分に分泌されていれば、脳の指示に狂いはなくなり、体調が整っていきます。

 

更年期は誰もが避けることのできない変化で、ホルモンの減少も避けることができません。そこで、ホルモンを補い体調を整える役割としてエクオールが注目されているのです。

 

骨粗しょう症予防

さらにエクオールは、更年期の症状以外にもホルモンの減少による骨粗しょう症の予防や改善、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があると言われています。よくある症状としては、肩や腰などがこって、慢性的な痛みが続く場合があります。

 

実はこの慢性的な痛みも、ホルモンの減少が関係していると言われています。エクオールを継続して摂取することで、長引く腰痛や肩こりが緩和され、痛みを和らげる効果が期待できます。

 

代替療法としてのエクオールサプリ

エクオールサプリ

エクオールはホルモンを直接体内に補充する「ホルモン補充療法」に代わるケア方法としても注目されています。

 

たとえば、まだ更年期に入っていないにも関わらず更年期のような症状を患っている女性が、病院で「ホルモン補充療法を受けるべきではない」と診断された場合、体調不良を和らげる手段としてエクオールを摂取することができます。

 

また、婦人病の予防や閉経後の体調不良の改善などにも、エクオールが効果的な役割を果たします。

 

エクオールサプリで太る体質を治すことができる?

 

エクオールはサプリメントから摂ろう

エクオールサプリ飲む女性

今まで大豆や豆乳を摂取してきたけれど、効果が感じられず半信半疑だったという方もいるかもしれません。実はイソフラボンを摂取しても、100%女性ホルモンとして効き目を果たすわけではなく、エクオール産生菌と呼ばれる菌が腸内にいなければ、イソフラボンを飲んでも効果が実感しにくいのです。

 

食べ物で効果が表れない場合には、サプリメントが役立ちます。エクオールを直接配合したサプリメントは、大豆イソフラボンを補うよりも早く、確実にホルモンバランスにアプローチ。もちろん個人差はありますが、エクオール産生菌が腸内に棲んでいない方には特におすすめです。

 

大豆製品中心の食生活に切り替えることでエクオール産生菌を腸内に住まわせることもできるようですが、継続的に大豆製品を食べなければ意味がないとも言われています。それに比べて、サプリメントはいつでも気軽に摂取できるので、とても便利なアイテムです。

 

エクオールサプリ詳細


このページの先頭へ