エクオールサプリと大豆イソフラボンの効果の違い

エクオールは大豆イソフラボンの一種「ダイゼイン」が腸内細菌により代謝され生成される成分です。よって、腸内細菌を持っていない人は大豆イソフラボンを摂取してもエクオールが作れません。この違いは大きいです。
MENU

エクオールサプリと大豆イソフラボン似てるようで違う効果とは?

大豆イソフラボン

女性の美容と健康に欠かすことのできない、大豆イソフラボン。

 

しかし最近では、大豆イソフラボン以上に効果が高いと言われる「エクオールサプリ」に注目が集まっています。

 

エクオールは大豆由来の成分なので、大豆アレルギーを持っていなければ誰でも摂取できます。女性でも男性でも、ホルモンバランスを適度に整えたい場合に、エクオールを配合したサプリメントが役立ちます。

 

エクオールは大豆イソフラボンを代謝した後の物質ということですが、一見どちらも似ていて見分けがつきにくいものです。日本では大豆イソフラボンの方が知名度があるので、エクオールと聞いてもイメージしにくいかもしれません。

 

>エクオールサプリをお得に買うならこちら<

 

エクオールと大豆イソフラボンの違い

エクオールは大豆イソフラボンよりもエストロゲンに似ているので、より効果が高いと言われています。そのため、エクオールは別名「スーパーイソフラボン」と呼ばれています。

 

スーパーイソフラボン

 

大豆イソフラボンとエクオールの間には、代謝する前と後という関係性があります。人間の体に大豆イソフラボンが入ると、イソフラボンの中の「ダイゼイン」という物質が腸内で「エクオール産生菌」と呼ばれる細菌によって代謝され、エクオールがつくられます。

 

両者の共通点としては、女性ホルモン・エストロゲンに似た作用をもたらすのがポイント。エストロゲンとまったく同じはたらきをするわけではありませんが、エストロゲンが不足している場合は大豆イソフラボンやエクオールを摂ることで、体調不良を緩和する効果が期待できます。

 

エクオールをつくれない人はエクオールサプリを摂ろう

大豆イソフラボンを配合したサプリメントは種類が多く、スーパーやコンビニでも購入できます。エクオールと比べてなじみ深いので、イソフラボンだけ摂っていれば十分ではないかという声もあります。

 

しかしイソフラボンを摂っても、腸内細菌が代謝しなければイソフラボンをどれほど摂っても効果が実感しにくいのです。実際、日本人の約半数はエクオール産生菌を腸内に持っておらず、自動的に生成することができないという結果も出ています。

 

エクオールを作れる人と作れない人の違いと対応策について

 

大豆イソフラボンはとても身近な成分ですが、摂取しても効果がなければあまり意味はありません。味噌や醤油などの大豆製品からも摂取できますが、エクオールを摂るにはエクオールを配合したサプリメントが一番効率的と言えそうです。

 

エクオール作れない人

 

エクオールサプリはエクオール産生菌を持っていない人だけでなく、大豆製品が苦手で食べられない方やダイエット中の方、更年期の前後や更年期の体調不良の改善にも効果が期待できます。

 

サプリメントは、ネット通販や婦人科の店頭などでも購入が可能です。まだ大豆イソフラボンほどの知名度はありませんが、更年期の症状を緩和するアイテムとして、じわじわと人気を集めはじめています。

 

最近ではエクオールを専門に研究する医師が監修した製品も登場しました。多くの女性の味方として、今後さらに注目が集まることでしょう。

 

エクオール研究の第一人者「吉形先生」は開発に携わったサプリがこちら

 

エクオールサプリ詳細


このページの先頭へ