エクオールサプリが効かない?副作用や飲んだら行けない人もいる?

エクオールサプリにはほとんど副作用はありませんが、大豆アレルギーのある人や過剰摂取には注意が必要です。サプリメントだからといってたくさん飲めば効果が上がるわけではありません。決められた容量を守るように心がけましょう。
MENU

エクオールサプリの副作用・服用時の注意点など

エクオールサプリの副作用

エクオールのサプリメントは美容と健康に関心の高い女性に大人気。

 

女性ホルモンに作用することから、体調を整えるアイテムとしても注目されています。しかし、女性ホルモンに影響することで何らかの副作用があるのでは?と心配する声も。

 

もちろん、体にいいものは積極的に取り入れていきたいですし、男性に比べて女性は更年期障害にかかりやすいため、ホルモンバランスを整えるためにもエクオールは心強い味方のはず。

 

実際のところ、エクオールにはどんな副作用が存在するのでしょうか。

 

>エクオールサプリをお得に買うならこちら<

 

エクオール摂取で考えられる副作用

結論から言うと、エクオールサプリにはほとんど副作用はありません。しかし、可能性として副作用のことも考えて摂取するように心がけましょう。

 

エクオールに限らず、サプリメントは手軽に持ち運んでいつでも服用できるので、摂取のタイミングによっては消化器官に不調が出るおそれがあります。サプリメントを摂って気分が悪くなった経験がある方は、エクオールについても摂取に注意が必要です。

 

また、過剰摂取にも要注意。いくら薬ではないからといって、一日3錠と決められている用量を4錠、5錠と飲み続けていると、体調不良の引き金になってしまいます。

 

人によってはエクオールが効かず、ほとんど効果がみられない場合がありますが、効かないからたくさん飲んでいいかというとそうではありません。

 

その他に考えられる副作用としては、エクオールのサプリメントに大豆イソフラボンが含まれているケース。大豆アレルギーをお持ちの方は、サプリメントであっても摂取はしないほうがいいでしょう。どうしても摂取したい時には、かかりつけの医師に相談して、アレルギー症状に与える影響について尋ねてみてください。

 

エクオールはわずかながら女性ホルモンに影響を与える物質です。女性ホルモンは男性ホルモンに比べバランスが崩れやすく、いつどこで大きく不調が出るかはわかりません。

 

そのため、エクオールを摂って生理周期が乱れたり、具合が悪くなるようであればすぐに使用を中止し、しばらく様子をみましょう。

 

症状が深刻な場合は、エクオール以外に摂取しているサプリメントや薬などとの相性も考えつつ、必要に応じて診断を受けてください。

 

エクオールサプリと大豆イソフラボンの効果の違い

 

エクオールの上手な摂り方

エクオールサプリ摂り方

エクオールサプリは、用法と用量を守っていればいつ飲んでも問題はありません。ただし消化器に負荷をかけないため、飲み物は水(できればお湯)を使うと良いでしょう。

 

アルコール類やコーヒーなどは胃に強い刺激をかけるもので、サプリメントや薬とは相性が良くありません。

 

また、エクオールは納豆や豆腐などの大豆製品が不足している時に活躍するサプリメントです。ふだんから豆腐や納豆を食べている場合は、エクオールで補う必要はありません。但し、ソイチェックなどでエクオールを作れないことがわかっている場合は、エクオールサプリで補う必要があります。

 

逆に、大豆製品が明らかに不足している場合はエクオールサプリを使って補ってあげる必要があります。

 

人間の体は繊細で、特に女性ホルモンは外からの影響を受けやすい特徴があります。ストレスや生活習慣などを見直し、直せるところは直しつつ、上手にエクオールを取り入れていきましょう。

 

エクオールサプリ詳細


このページの先頭へ