エクオールを作れる人と作れない人の違いと対応策について

腸内でエクオールを作れる人と作れない人がいます。自分でエクオールを作れない人の腸内にはエクオール生産菌がいません。そうゆう人がイソフラボンを摂取しても意味がないのではないか?対応策はあるのか?
MENU

腸内細菌の有無でエクオールを作れるか作れないかが決まります。

更年期症状を緩和させる効果が期待できる「エクオールサプリ」。

 

大豆イソフラボンを摂ることで、自然にエクオールが作れると誤解している人も少なくありませんが、実は日本人の半分はエクオールを自力で作ることができません。

 

エクオールはイソフラボンの一種である「ダイゼイン」がある特定の腸内細菌によって代謝された後の物質で、日本人の半分はこの腸内細菌を有していないのです。

エクオール作れる作れない

 

>エクオールサプリをお得に買うならこちら<

 

エクオールが作れない人とは

エクオールを作れる人=腸内細菌を保有している人ですが、日本人全体を見渡してみると、関西圏はエクオール産生者の割合が約3割ともっとも少なく、関東では約5割、中部や九州では約4割前後と比較的安定しています。

 

世代によっても産生者の割合は変わり、20代では全体の約2〜3割程度にとどまっています。つまり、関西エリアに住んでいる若年層は3割に満たないごく少数しか、エクオールが生産できないということになります。

 

エクオールが自力で生産できるかどうかは、病院の尿検査や市販のチェック用キットで検査することができます。大豆製品をほとんど食べない方は、少しずつでも良いですから大豆を使った食事を口にすることで、エクオールを生産しやすい体質へと改善することもできます。

 

ソイチェックとは?エクオールを検査するキットの使い方

 

腸内細菌を補うことは難しいことですし、かといって大豆イソフラボンを摂りつづけてもエクオールがすぐに生み出されるわけではありません。腸内環境のせいと言ってしまえば簡単ですが、実はエクオールが作れなくても外から補うことができるんです。

 

エクオールを外から補う方法

非常に単純なことですが、エクオールを配合したサプリメントを摂取する、これだけでOK。日本人の約半数はエクオールを作り出すことができませんから、サプリメントを使って補うことで、ホルモンバランスを整えることが可能になります。

 

エクオールサプリメントは、大豆イソフラボンを摂って体内でエクオールを作るよりも素早く体に届き、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。納豆や豆腐などの食品からそのつど大豆イソフラボンを摂取するよりも、腸内細菌によって代謝された後の物質を直接吸収できるので、とても効率的なのです。

 

ふだんから大豆食品が苦手で食べない方や、機会がなくてほとんど口にしないという方は、エクオールを産生しにくい体になっている可能性があります。アルコールや脂っこい食事などの嗜好品に偏りがちな方も、体の循環や代謝機能が乱れやすいため、エクオールを生成しにくくなっていると言われています。

 

エクオールを作り出せる体質に

エクオールを外から補えば直接体に吸収させることができますが、体質改善もひとつの方法。ふだんから大豆製品を摂るようにして、イソフラボンを代謝する体質に変えていくほか、お酒やタバコなどの嗜好品を控える、睡眠時間を規則正しくして、食べ物の偏りを失くす方法などもあります。

 

エクオールを作れる体質というのは、栄養のバランスがとれていて、正常に代謝ができる健康な体のこと。ぜひ自分自身でも体質改善にチャレンジしてみてください。

 

また、AMCエクオールサプリには「ラクトビオン酸」が配合されています。

 

これは、エクオールを自力で作れる体つくりに影響をあたえる成分ですので、積極的に摂っていきたい成分の一つです。骨粗しょう症予防効果も期待できます。

 

エクオールサプリ詳細

このページの先頭へ